TOWA CORPORATION本社ビル 18

道路側の鉄骨の製品検査です。

なぜ道路側の構造がRCではないかといいますと、道路が将来拡張する可能性がある為、その場合、取り壊しが容易に出来る構造体にしなければならないためです。
まずは寸法検査です。
そして溶接部の超音波探傷検査です。
超音波を当て、溶接部に欠陥がないか検出する検査です。
共に問題がなかったため、次は建て方です。

関連記事

最近の記事

  1. 2018.09.13

    狛江の住宅 07
  2. 2018.09.1

    高輪の住宅13
  3. 2018.08.25

    高輪の住宅12

カテゴリー

建築事例

  1. 燻製アパートメント
  2. 大森の住宅
  3. 上大崎の住宅
  4. 志木の住宅
  5. 渋谷の住宅
  6. レガーメ
  7. 奥沢の住宅
  8. URAH
  9. 大船の住宅
  10. 四谷三丁目の住宅
  11. 砧の住宅
  12. 高輪の改装
PAGE TOP