高輪の住宅 02

高輪の住宅が着工しました。

 

今回は地盤調査の結果、地盤改良の必要なしという判定でした。

改良工事はないので、まずは根切りという土の掘削からスタートです。

 

必要な深さまで掘削をすると、まずは砕石を敷いていきます。

その上に防湿シートという、地面からの湿気を防ぐためのシートを敷きます。

最後に捨てコンクリートという、水平面を作る為のコンクリートを打ちます。

 

現場に着いた時には既にコンクリートは打たれていて、

固まる前の打ち立てのコンクリートの状態でした。

 

後日コンクリートが固まってから配筋作業に入ります。

一本づつ基礎屋さんが鉄筋を組んでいきます。

 

手前に見えるのがこれから組まれる大量の鉄筋です。

奥に見える赤い道具は鉄筋を曲げる為の道具です。

 

 

配筋検査の当日、見事な配筋が組まれていました。

非常にきれいに組まれています。

 

この部分はガレージになる所で、100mmピッチで配筋されています。

後から所長が来ると「きれいですねー」と基礎屋さんに。

現場監督さんが来ると「歩きやすいねー」と。

コンクリートが打設されると目には見えなくなる部分ですが、

こういった丁寧な仕事をして下さる基礎屋さんには感謝です。

 

配筋検査の様子です。

鉄筋が継ぎ足される部分の定着長さが確保されているかメジャーを使って確認します。

 

土台や構造体と基礎を連結させる為のアンカーボルトが

指定の位置に設置されているか、

基礎に埋まる長さがちゃんと確保されているかを確認します。

 

鉄筋の回りに必要な被り厚さのコンクリートが打設されるように

スペースを確保する為のスペーサーもちゃんと設けられています。

 

鉄筋のたて・よこのピッチを確認します。

2個のメジャーが必要なため、構造設計の方にメジャーをお借りすると

何やらメモのような物が書かれているのを見つけました。

 

何が書かれているのか見てみると、

鉄筋の定着長さが必要長さ以上確保されているか

一目で分かるようにメモがされていました。

こういった細かな工夫を仕事の為にしている方々。

プロフェッショナルですね。

 

 

次回は基礎コンクリート打設です。

保存保存

関連記事

最近の記事

  1. 2018.10.11

    狛江の住宅 08

カテゴリー

建築事例

  1. 上大崎の住宅
  2. レガーメ
  3. 富士の住宅
  4. 豪徳寺の改装
  5. 駒沢公園の住宅
  6. 燻製キッチン
  7. 二条城前の改装
  8. 大船の住宅
  9. 8
  10. 鎌倉の住宅
  11. 根岸の住宅
PAGE TOP