鎌倉扇ガ谷の住宅 10

棟上げしたらまず屋根面をつくり
棟上げした骨組みをしっかりと金物で接合していきます。

鎌倉市ではそのタイミングを特定工程としていて
中間検査を行うことになっています。
次の工程、つまり壁を構造用合板で閉じてしまうと
その金物が確認できなくなってしまうので、
その前にちゃんと構造の施工が行われてるかどうかを
チェックするわけです。

間口6m×奥行7mのスパンを柱を使わずに、
さらに写真左側の1隅は柱なしで、構成しています。
この家に対してこの角の方向は一番景色が開ける方角で、
L字の大開口をつくるためです。
そのため柱があるところに余すことなく梁をかけ、
この空間の構造を梁と外周の柱で成立させています。
しっかりした梁せいがある条件で、
室内をできるだけ広く高く開放感を持たせること、
機器類を埋め込んで天井面をきれいにすることを
両立させていきます。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 葉山の住宅
  2. 富士の住宅
  3. 鎌倉の住宅
  4. 燻製アパートメント
  5. 四谷三丁目の住宅
  6. 駒沢公園の住宅
  7. 大森の住宅
  8. 8
  9. 根岸の住宅
  10. 門前仲町の住宅
  11. さつま屋
PAGE TOP