鎌倉扇ガ谷の住宅 05

基礎の配筋が組み上がりました。

まずは耐圧盤と呼ばれる
基礎スラブの配筋から組んでいきます。
手前と奥のスラブ段差は、約45センチ。

道路側のスラブの方が
配筋が密な設計となっています。
この日は配筋検査でした。
検査員の方が申請図面と相違ないか
チェックしていきます。

配筋はピッチも径も、OKでした。
無事検査も合格。

翌日。
早速、コンクリートが打設されました。
まず初めは、手前の低いスラブから。

関連記事

最近の記事

  1. 2020.06.10

    鹿嶋の住宅 02
  2. 2020.06.3

    鹿嶋の住宅 01

カテゴリー

建築事例

  1. 富士の住宅
  2. 四谷三丁目の住宅
  3. 門前仲町の住宅
  4. 下北沢の住宅
  5. 根岸の住宅
  6. 鎌倉の住宅
  7. 尾山台の住宅1
  8. 二条城前の改装
  9. 豪徳寺の改装
  10. 尾山台の住宅2
  11. 砧の住宅
  12. 葉山の住宅
PAGE TOP