鎌倉扇ガ谷の住宅 03

着工第1日目。
まず最初の工事となるのは地盤改良です。
名前の通り、谷の地形をしているこのあたりは
表層がやわらかいため、
少し深い位置にある支持層に
建物と基礎の荷重を伝える必要があります。
改良工事では地面に深い孔を掘り
そこへセメント等の固化材を打設していきます。
柱状の構造物を地中に建てるイメージです。

工事に入る前に
敷地のレベルを正確に把握していきます。

お堂の脇で控えてる
ミキサー車。

敷地の対面にある
ちょっと高台になった駐車場から。
ブルーのチョークで印をつけているところが
柱を打つポイント。
周囲の杭と貫には、
建物の配置が墨出されています。

配置が出たこのタイミングで
境界線から外壁後退ラインまでの距離が
図面上シビアであったポイントについて
問題なくとれているかどうか
確認しておきます。

打設が始まりました。

関連記事

最近の記事

  1. 2019.12.11

    梅丘の住宅 09
  2. 2019.12.6

    梅丘の住宅 08
  3. 2019.11.30

    梅丘の住宅 07
  4. 2019.11.23

    梅丘の住宅 06
  5. 2019.11.16

    梅丘の住宅 05

カテゴリー

建築事例

  1. 高輪の改装
  2. 尾山台の住宅2
  3. 二条城前の改装
  4. 四谷三丁目の住宅
  5. 足立の住宅
  6. 大森の住宅
  7. 尾山台の住宅1
  8. 南品川の住宅
  9. 燻製201
  10. 上大崎の住宅
  11. 葉山の住宅
  12. URAH
PAGE TOP