葉山の住宅 19

この日は2Fアーチ廊下について現場打合せ。

前回打合せした造作家具のうち

3F分が取り付いたというので

それも確認していきます。

現場到着。

外壁には防水シートと胴縁が貼られていました。

そのまま外部階段を上って、屋上へ。

塔屋の外壁も施工されていました。

3F窓から現場入り。

中では塗装の職人さんがパテ処理をしていました。

パテ処理とは、ボードとボードの隙間や、ボードに打ち込まれた釘を

仕上がったときに目立たなくする下地処理のことをいいます。

太いラインで千鳥状に出ている部分がボードの継ぎ目。

点状に出ている部分は釘だと思われます。

パントリー収納棚。

洗面カウンターと収納。

階段室収納。

 

家具の工程は通常だともっと後ろになるのですが

葉山の住宅では造作家具のほとんどがオープン仕様で

仕上がったときに建築との取り合いが見えるため

壁・天井と一体に仕上げていきます。

パテのアトが不思議な模様のよう。

関連記事

最近の記事

  1. 2018.10.24

    伊東の住宅 01

カテゴリー

建築事例

  1. 鎌倉の住宅
  2. 上大崎の住宅
  3. 根岸の住宅
  4. 尾山台の住宅2
  5. 千歳船橋の住宅
  6. 中目黒の住宅
  7. 8
  8. 燻製201
  9. 奥沢の住宅
  10. 二条城前の改装
  11. 東部動物公園の二世帯住宅
  12. 四谷三丁目の住宅
PAGE TOP