葉山の住宅 14

今度は設備業者の方と打合せです。

電気と設備配管は、上棟後に屋根と外壁がふさがると

すぐに工事が始まります。

構造を骨格とすると、

電気設備配管は人間の循環器系に例えられます。

「バルコニーの散水栓、どうします?

後ろに大きい梁が来てるんですが。」

現場につくなり、まず最初に聞かれたのは

写真のバルコニー壁に設置する

壁埋込みタイプの散水栓についてでした。

壁の裏側をのぞくと

ななめに入った大きなデルタ梁が。

上階を引っ張って支えてくれている構造梁です。

これをかわした位置に

水栓と防水コンセントを設置しなければなりません。

高さを測って

幅が確保できることを確認。

室内側(右側)にコンセント、

外側(左側)に散水栓を設置することになりました。

問題解決したところで、

室内のトイレや洗面、キッチンについて

給排水の立ち上げ位置を墨出し開始。

洗面カウンターの墨出し。

湯がHで左、水がCで右。中央は排水。

壁の中央に掛かれているのは壁出しに必要な寸法。

壁出しにすると管が足元がスッキリとオープンにできます。

関連記事

最近の記事

  1. 2018.10.24

    伊東の住宅 01

カテゴリー

建築事例

  1. 葉山の住宅
  2. 大森の住宅
  3. 足立の住宅
  4. 松陰神社の改装
  5. 志木の住宅
  6. 上大崎の住宅
  7. 渋谷の住宅
  8. 根岸の住宅
  9. 奥沢の住宅
  10. 二条城前の改装
PAGE TOP