王禅寺の住宅 15

3Fは造作下地、建具枠下地に続いて

天井の下地となる野縁ができていました。

野縁ができたことによって

勾配天井のラインとともに、実際の部屋の大きさに限りなく近づきました。

天井が低くなったからでしょうか。

どことなく、落ち着く感じがします。

3Fバルコニーのドレン。

降り注いだ雨水をここから逃がします。

床の開口と塩ビ管の接続部分から水漏れがおこらないよう

FRPの塗膜防水で巻き、シームレスにつないでいきます。

2Fのリビングは外の景色を取り込めるよう

大開口と、リビングから連続するようなテラスを計画しています。

そのあいだをつなぐ大開口のサッシとテラスドアが、現場へ届きました。

取付けの調整には少し時間がかかるようなので

2Fの造作下地について、現場監督と打合せしながら待つことに。

それぞれの造作が来る場所について

設計図と狂いがないか、採寸して確認していきます。

その後、家具や建具の下地を墨出し、

特殊な納まり方をするところには考え方などをマジックでメモ。

サッシも無事納まりそうなので、この日は事務所に戻ることに。

後日、現場監督が

完成したテラス開口まわりの造作の写真を送ってくれました。

ここは、サッシが決まるまでつくるのを待っていた場所でした。

上へ、外へ、と斜めに広がっていく形状のため

サッシが納まらないと、決めるのが難しかったからです。

関連記事

最近の記事

  1. 2018.10.11

    狛江の住宅 08

カテゴリー

建築事例

  1. 葉山の住宅
  2. 根岸の住宅
  3. 松陰神社の改装
  4. 燻製キッチン
  5. 豪徳寺の改装
  6. 下北沢の住宅
  7. 8
  8. 尾山台の住宅1
  9. 二条城前の改装
  10. 高輪の改装
  11. レガーメ
  12. 志木の住宅
PAGE TOP