王禅寺の住宅 03

整地が終わると、次は基礎の配筋工事です。

鉄筋業者に構造図の基礎断面形状と仕様を確認してもらい

鉄筋の加工を発注します。

配筋工事が終わると同時に

配筋検査を受けました。

このタイミングで、

あらためて配置や高さの確認もしていきます。

検査は多少の直しはあったものの

無事合格できました。

次は、コンクリートの打設です。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 富士の住宅
  2. 砧の住宅
  3. 豪徳寺の改装
  4. 二条城前の改装
  5. 鎌倉の住宅
  6. 燻製キッチン
  7. 尾山台の住宅1
  8. 駒沢公園の住宅
  9. 燻製アパートメント
  10. 下北沢の住宅
  11. 足立の住宅
PAGE TOP