王禅寺の住宅 01

神奈川県川崎市麻生区、王禅寺で

新しいプロジェクトがはじまります。

これから始まる工事の安全と家の繁栄を祈願して、

地鎮祭がとり行われました。

敷地には家の隅にあたる場所に杭が打たれていました。

杭と杭を結んだ地縄によって

家の輪郭が浮かび上がります。

その地縄のほぼ中心に

土地の神様を呼ぶという祭壇をまつります。

お隣の柿の木。

青い空にオレンジの柿の実がピカピカと映えます。

急に、冬がはじまったのだ、と実感。

最後に奉献酒を捧げて、準備が整いました。

降神の儀。

 

お施主さまによって玉串が捧げられました。

最後に、地鎮祭をとり行っていただいた

柿生琴平神社の神主さんから

鎮物(しずめもの)を授かりました。

基礎工事がはじまったら、

この鎮物を敷地の中央に埋めます。

土地の神様を鎮めてくれる

お守りのようなものです。

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 2018.07.28

    狛江の住宅 06

カテゴリー

建築事例

  1. 富士の住宅
  2. 尾山台の住宅2
  3. 門前仲町の住宅
  4. 上大崎の別邸
  5. 豪徳寺の改装
  6. 大船の住宅
  7. 奥沢の住宅
  8. レガーメ
  9. 松陰神社の改装
  10. 四谷三丁目の住宅
  11. 燻製アパートメント
PAGE TOP