梶原の住宅 22

浴室に続いて、室内のタイル張りが進んでいきます。
この住宅は中庭を含んだ建物の計画となるので
外と連続性を出すため個室以外はタイルで仕上げています。
LDKは島状にフローリングを、その周囲にタイルを張り、
部屋の中央部分で素足や座の生活ができるように計画。

外周部分のタイルが張られると
すぐにキッチンのキャビネット部分が設置されました。
いつもはLDKを機能でゾーニングすることが多いのですが
今回は一室空間として計画していて全てが同時に見えます。
家具とのバランスや統一感を出すために
キッチンも家具も全て出口建具店と計画して製作しました。

2Fでは、木製サッシを仮建て付けしていました。
設置して動かしてみて、
不具合や可動性の調子を良くしているところ。
サッシの製作から建て付けまで
こんなことが出来てしまうのは、
さすが、元建具店ならではです。

赤いテープを張っているのは、外部タイルの範囲。
最初は一番建物寄りのラインで
縁側のような使い方を計画していたのですが
季節が良いときには
イスなどを置いて過ごしたいという話が出て
LDK側を拡張することになりました。
パターンを3つ出しておいて
お施主さんが来れる時に確認してもらうことになってます。

関連記事

最近の記事

  1. 2022.10.1

    荻窪の住宅 05
  2. 2022.09.14

    荻窪の住宅 04
  3. 2022.08.31

    荻窪の住宅 03

カテゴリー

建築事例

  1. 二条城前の改装
  2. TOWA CORPORATION
  3. 大森の住宅
  4. 東部動物公園の二世帯住宅
  5. さつま屋
  6. 豪徳寺の改装
  7. 8
  8. 南品川の住宅
  9. 燻製アパートメント
PAGE TOP