東山の住宅 04

先日、敷地内の埋蔵文化財の発掘検査を行いました。

東山という地域は、縄文時代から弥生、平安時代などの
遺物が発見される地域となっておりまして、
新築を建てる際には、一度試掘調査を行い、遺物が発見された場合、
発掘検査を行う事となっております。

今回発見された物は、縄文時代の遺物と、柱の穴です。
検査の担当者の意見を聞きますと、
恐らくこの敷地は昔、住宅がたっていたと思われるとのことです。
​2000年以上前から人は住宅を建てて過ごしていたということは、
場所的にはとても良い敷地だということなのではないでしょうか。

検査が終わりますと、発見された遺物と結果は目黒区歴史資料館が集め、
掘り返した土を戻し、工事が始められる状態に戻ります。
今後はいよいよ地鎮祭と着工です!
 
 

関連記事

最近の記事

  1. 2019.09.10

    梅丘の住宅 01
  2. 2019.08.8

    白山の長屋 13
  3. 2019.07.17

    白山の長屋 12

カテゴリー

建築事例

  1. URAH
  2. 上大崎の住宅
  3. 四谷三丁目の住宅
  4. 燻製201
  5. 上大崎の別邸
  6. 根岸の住宅
  7. 渋谷の住宅
  8. レガーメ
  9. 南品川の住宅
  10. 奥沢の住宅
  11. 尾山台の住宅1
  12. 燻製キッチン
PAGE TOP