恵比寿燻製アパートメント 05

恵比寿燻製アパートメント

工事が完了致しました。完成したお店の様子をお伝え致します。

(工事は既に完了し、11/26日より「EBISU 燻製 APARTMENT CAVE」としてオープンしております。)

食べログURL : https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13227548/

是非、足を運んでみてください。

 

まずはエントランス扉から。

もともとあった両開きのガラスドアから片方はモルタルの壁に、もう片方をスチールの扉へと交換しました。

扉を開けると、いきなり横引きのシャッターが現れます。

ワイン貯蔵庫をイメージしているため、シャッターの先の階段を地下へと降りていくエントランス空間です。

 

エントランスドアは普段閉まっていて、

扉の左に見えるインターホンをならして、電子錠の扉を解除してもらい中に入ります。

インターホンも特注でカバーを製作し、シンプルですが特別感を演出しています。

 

階段を降りていくとワインの収納棚が見えてきます。

 

 

階段の吹き抜けには大きなペンダントライトを吊るしています。

 

そのペンダントライトの下には、1900年代のビンテージオーディオが設置されています。

このオーディオの音楽が地下に降りてきたお客さんを出迎えます。

 

そして廊下を通り、もう一つのエントランス扉を開けると

神代杉、屋久杉のカウンターとオープンキッチンが広がります。

 

趣きのある箸置きに、特性のコースター。

天板の表情がまた良い味を出しています。

 

客席の背後にはワインセラーも設置されいいます。

 

カウンター席を抜けるとテーブル席へ。

ペンダントライトが各テーブルに吊り下げられ、

落ち着いた雰囲気を作っています。

 

奥にはワイン棚と、ここにもオーディオが設置されています。

このオーディオからの音楽もあり、客席の雰囲気は抜群です。

 

ちなみにトイレも少しこだわっています。

かわいいサインがあるこちらの扉がトイレの入口。

トイレの中はサブウェイタイルを張って清潔感のある空間です。

 

手洗いは少し変わった形の鏡とブラケットライト。

そして壁から鉄管がむき出しで繋がっている手洗器です。

 

レバーハンドルやスイッチも凝っています。

 

無事に工事は終了し、オーナーさんに引渡しが行われ、

11/26日からお店はオープン致しました。

更新が遅れて申し訳ございませんが、みなさん是非一度足を運んでみてください。

ご覧頂きありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. 2019.05.15

    SM brand RESIDENCE

カテゴリー

建築事例

  1. 尾山台の住宅1
  2. 尾山台の住宅2
  3. 砧の住宅
  4. 燻製201
  5. 南品川の住宅
  6. 富士の住宅
  7. 燻製アパートメント
  8. 葉山の住宅
  9. 四谷三丁目の住宅
  10. 中目黒の住宅
  11. 松陰神社の改装
PAGE TOP