フロムファーストビル 03

地中梁が地面に埋められたら

さらに床スラブをつくるため

再び鉄筋を組んでいきます。

今回も構造設計者と共に検査を行いました。

メジャーを当てて必要な寸法が取れているか確認します。

この日は、鉄骨の梁・柱を工場で確認する製品検査を行うため、

構造設計者と一緒に山梨にある鉄工所に行ってきました。

柱や梁が設計書通りにつくられているか

長さを計って確認します。

また、溶接部分に欠陥がないか

超音波を当てて確認する超音波探傷試験を行います。

機械を柱や梁に当てて動かすと

モニターにグラフで表示されるようになっています。

傷があった場合グラフが大きく跳ね上がるので

このモニターを見て確認します。

検査結果は、問題なしです。

検査で合格した鉄骨を辻堂の現場まで運び

次回は、建て方を行います。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 南品川の住宅
  2. URAH
  3. さつま屋
  4. 四谷三丁目の住宅
  5. 駒沢公園の住宅
  6. 尾山台の住宅2
  7. 上大崎の住宅
  8. 燻製アパートメント
  9. 燻製201
  10. 上大崎の別邸
  11. 尾山台の住宅1
PAGE TOP