砧の住宅2 02

砧の住宅、順調に工事が進んでいます。

擁壁工事が終了後

敷地左奥側に目隠しの壁を建てるため

基礎工事を行いました。

擁壁工事の土を埋め戻す際

一部分を土留し、基礎工事の場所を確保しました。

準備が整い、墨出しを行います。

後日、墨出しをした位置にH鋼と鉄筋が組まれました。


コンクリートを打設し数日後、型枠を外しました。

骨組みのH鋼は溶接をし、高さを約6mに伸ばしました。

目隠し壁の骨組みが完成しました。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 南品川の住宅
  2. 砧の住宅
  3. 王禅寺の住宅
  4. URAH
  5. 高輪の改装
  6. 足立の住宅
  7. 鎌倉の住宅
  8. 門前仲町の住宅
  9. 上大崎の別邸
  10. 豪徳寺の改装
  11. 大森の住宅
  12. 渋谷の住宅
PAGE TOP