王禅寺の住宅 14

SD(スチールドア)が現場に届きました。

先に枠を設置し

その枠に丁番受け金具を取付けておきます。

スチールドアを持ち上げて

丁番の軸を上から受け金具へ落としこみます。

息が重要。

どこも傷つけることなく、無事納まりました。

緊張が解けて、ひと安心です。

少し前に監督と打合せした、3Fの造作下地の進み具合も確認。

3Fには、WIC付きの主寝室と、廊下とつながった半個室、それから洗面室・浴室があります。

浴室の床。

奥が洗面室で、手前の右側にバスタブ、左側に洗い場が来ます。

洗い場の排水口が左側に来るため、左側の壁に向かって床に水勾配がついています。

間柱と間柱のあいだは、シャワーボトルなどが置けるニッチにする予定です。

WICに取り付ける、姿見用の下地。

浴室手前の壁に入った、筋交いに合わせた下地。

タオルウォーマーを設置するためのものです。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 根岸の住宅
  2. 鎌倉の住宅
  3. 8
  4. レガーメ
  5. 高輪の改装
  6. 上大崎の住宅
  7. 門前仲町の住宅
  8. 駒沢公園の住宅
  9. 富士の住宅
  10. URAH
  11. 四谷三丁目の住宅
  12. 燻製アパートメント
PAGE TOP