王禅寺の住宅 05

1月下旬。

週末に上棟を控え

土台敷きが始まりました。

 

大雪が降った日から

ちょうど1週間が経っていましたが、

現場周辺にはまだ雪が。

納品されて山積みになった

土台や1Fの柱、

接合金物。

雪の中に埋もれた

排水管、そしてガス管。

敷地外周に配管され、

ちゃんと公共下水に接続されていました。

現場監督、大工さんと

基礎やアンカー、

柱位置をもう一度確認します。

今日はもう一つ、

特別にやらなければならないことが。

斜めに立上がる基礎の施工です。

玄関から出てきた時に

すぐに姿が見えないよう

プライバシーを配慮して

前壁を設置しているのですが、

この壁が基礎まで斜めのかたちをしているのです。

型枠の中にはちゃんと配筋もされて

密実に、

コンクリートを打設。

これで土台敷きの準備はすべてOK。

一服したら、

いよいよ土台を敷いて行きます。

 

関連記事

最近の記事

  1. 2018.12.1

    伊東の住宅 02

カテゴリー

建築事例

  1. 富士の住宅
  2. さつま屋
  3. 中目黒の住宅
  4. 燻製アパートメント
  5. 松陰神社の改装
  6. 燻製201
  7. TOWA CORPORATION
  8. 尾山台の住宅2
  9. 根岸の住宅
  10. 志木の住宅
  11. 大森の住宅
  12. 尾山台の住宅1
PAGE TOP