海老名の住宅 07

配筋検査の後、
コンクリートが打設され
基礎が出来上がりました。

正面の立ち上がりが切り欠かれているところが
玄関にあたります。

基礎の立ち上がりから出ている長い金属の棒は
アンカーボルト。
配筋に定着させて基礎コンクリートと一体になっているので
柱をしっかり引き付けることができるのです。

手前の立ち上がりがない耐圧盤は
ガレージです。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 燻製キッチン
  2. 門前仲町の住宅
  3. 王禅寺の住宅
  4. 千歳船橋の住宅
  5. 高輪の改装
  6. 葉山の住宅
  7. 燻製201
PAGE TOP