梶原の住宅 23

足場が外れ、
ようやく全貌が現れました。

これはA1サイズに拡大した塗装指示書。
職人さんが確認しやすいように掲示して使われてました。
ちなみに右側に貼られているのが原寸のA3サイズ。

そして、この家で一番景色が抜けるポイント。
ひなだん状に造成されているところに家々が建っているので
屋根も階段状に下がっていくという
一見地味ですが、実は特徴的な風景です。
背景には山が見えます。
植栽計画ではプライバシーを守ると同時に
このビューがごく自然に抜けるように
樹木の配置と高さを決めていきます。

早速フェンスブロックの基礎工事と
外部タイルのための型枠工事がスタート。

ここでビューポイントをチェック。
図面上で検討した高木の配置で本当にうまくいくか
現地でイメージしてみます。

「日当たりの良い芝の庭」と「木陰」
そして「無造作であること」。
これがこの家の植栽計画のテーマです。
お施主さんが参考のイメージで持ってきてくれた
雑木の庭の一例がきっかけです。
さて高木の配置ですが
思い切って建物側に引き寄せて右の端に植えると
ビューが抜け、木陰も作れそうです。

関連記事

最近の記事

  1. 2022.05.25

    荻窪の住宅 02
  2. 2022.04.5

    荻窪の住宅 01
  3. 2022.02.21

    梶原の住宅 24
  4. 2022.01.31

    梶原の住宅 23

カテゴリー

建築事例

  1. 砧の住宅
  2. 豪徳寺の改装
  3. 尾山台の住宅2
  4. 8
  5. 足立の住宅
  6. レガーメ
  7. 南品川の住宅
  8. URAH
  9. 志木の住宅
  10. 大森の住宅
  11. 燻製アパートメント
PAGE TOP