梶原の住宅 15

工事は着々と進んでいきます。
この日は鉄骨工事の部材が取り付けられたのを確認できました。

階段の桁です。

上から見るとこんな感じ。
踏板を桁から伸びてるプレートに載せ
反対側は壁の中の下地で受けてのみ込ませます。

これは薪置き場の庇です。

浴室。
床の下地と設備配管が施工されていました。

右側に浴槽、左側に洗い場が来ます。

奥は洗濯機、手前は洗面化粧台が来ます。

配管がくぐっている木下地が床のレベルになります。
床が高く見えるのですが、これは基礎の耐圧盤をほかの部分より10センチ下げて計画しているから。
水まわりは多くの配管を通す必要があるため、
床下のフトコロに余裕を持たせて計画すると
施工とメンテナンスがしやすくなります。

関連記事

最近の記事

  1. 2022.01.17

    梶原の住宅 21
  2. 2022.01.1

    新年のご挨拶
  3. 2021.12.17

    梶原の住宅 20

カテゴリー

建築事例

  1. 二条城前の改装
  2. さつま屋
  3. URAH
  4. 高輪の改装
  5. 千歳船橋の住宅
  6. 門前仲町の住宅
  7. 豪徳寺の改装
  8. 葉山の住宅
  9. 燻製201
  10. 富士の住宅
  11. 王禅寺の住宅
PAGE TOP