梶原の住宅 11

外まわりの工事が進んでいきます。

軒天の下地をどう張っていくか
現場監督(右奥)と大工さん(右手前)が打合せしています。
設計は主に現場監督と打合せし、
設計意図を理解した現場監督が
今度は実際の作り手である大工さんと
施工方法や手順をまとめていってくれます。

「今なら屋根の上に上がれますよ」
大工さんの一人に言われ、屋根の上に上がってみました。
板金がまだで、足場がある今だけの特権。

反対側の景色。
ずっと向こうまで見えます。

1階の天井には、木毛セメント板を張る下地が組み始められてました。

例のお隣の松の木を借景。

関連記事

最近の記事

  1. 2022.05.25

    荻窪の住宅 02

カテゴリー

建築事例

  1. 燻製キッチン
  2. 葉山の住宅
  3. 中目黒の住宅
  4. 8
  5. URAH
  6. 駒沢公園の住宅
  7. 上大崎の住宅
  8. 砧の住宅
PAGE TOP