梶原の住宅 02

プレゼンの準備にとりかかります。
まずは敷地を正確に把握していくことがからスタート。

境界には杭か鋲が打ってあるので
それらを見つけて測量図をチェックしていきます。
中央の↓マークが入った石が境界杭で
ちょうど道路境界と隣地境界の交差点にあたります。

測量図によると
道路と反対側の隣地との境界は擁壁の下にあるようです。
しかし、建物が建てられるのは擁壁の上の整地された部分になるので
実際の計画可能な敷地は測量図よりも小さくなります。

というわけで、擁壁の角度を測って
計画可能な敷地の範囲を出したいと思います。
おっと、
測るのにちょうど良さそうな部分があるではないですか。
1.6m高い北側のお隣の擁壁で勾配を測ることにしました。

それから、景色が良い方角もチェックします。
南西と西にビューが抜けていました。

隣地の開口の位置もチェック。
北側は高くて植栽も植えられているので
あまり心配はいらなそうですが

南側は低くて開口部に面しているため
配慮が必要になりそうです。
これをもとに建物を開く方向と
閉じる方向を計画していきます。

西側のこちらのお隣には立派な松の木が。
借景させてもらえると素敵かも!

関連記事

最近の記事

  1. 2021.12.7

    梶原の住宅 13
  2. 2021.12.6

    梶原の住宅 12
  3. 2021.12.5

    梶原の住宅 11
  4. 2021.11.30

    梶原の住宅 10

カテゴリー

建築事例

  1. 中目黒の住宅
  2. 奥沢の住宅
  3. 松陰神社の改装
  4. さつま屋
  5. 燻製キッチン
  6. 門前仲町の住宅
  7. 渋谷の住宅
  8. 8
  9. 根岸の住宅
  10. 豪徳寺の改装
PAGE TOP