志木の住宅 04

 

解体が完了しました。

 

 

解体の際、既存家屋の大黒柱や梁を保存して頂き、

新築への利用をご提案しました。

 

 

立派な既存家屋でしたので、使われていた木材も立派です。

 

 

昔ながらの木組みで金物をいっさい使わない構法だったため

新規に使用する際も、表情にかなり味がでると思います。

 

 

また、新築の準備として敷地の測量を行いました。

 

 

敷地を囲む既存縁石の高さも車や人の出入りの計画で

重要な要素の一つです。

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 2020.03.5

    川越の住宅 01
  2. 2019.12.11

    梅丘の住宅 09
  3. 2019.12.6

    梅丘の住宅 08
  4. 2019.11.30

    梅丘の住宅 07

カテゴリー

建築事例

  1. URAH
  2. 8
  3. 駒沢公園の住宅
  4. 東部動物公園の二世帯住宅
  5. 下北沢の住宅
  6. さつま屋
  7. TOWA CORPORATION
  8. 上大崎の別邸
  9. 足立の住宅
  10. 中目黒の住宅
  11. 二条城前の改装
PAGE TOP