上大崎の住宅 08

上階の躯体工事が進んでいます。

B1F床配筋。

B1F床打設。点検口、ダメ穴工事のため、スラブに開口を設けています。

B1F壁配筋です。

コンクリート壁量も多く、鉄筋も密に組み上がっています。

1Fのスラブが打設され、地上まで上がってきました。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 燻製201
  2. 葉山の住宅
  3. 松陰神社の改装
  4. 上大崎の住宅
  5. 王禅寺の住宅
  6. 燻製アパートメント
  7. 上大崎の別邸
PAGE TOP