鵠沼の住宅 07

地業が終わり
東側擁壁の型枠が返されました。

翌週は、地下の底盤まで配筋が組み終わりました。
このタイミングで、配筋検査です。

次はいよいよ、
建物躯体のコンクリート打設の工程が
始まります。

関連記事

最近の記事

  1. 2022.01.22

    梶原の住宅 22
  2. 2022.01.17

    梶原の住宅 21

カテゴリー

建築事例

  1. 松陰神社の改装
  2. 燻製201
  3. 中目黒の住宅
  4. 8
  5. 志木の住宅
  6. 大船の住宅
  7. 砧の住宅
  8. 上大崎の住宅
PAGE TOP