鵠沼の住宅 06

一番深いところまで掘り終えた、
という連絡を受けて、現場へ。
到着したのは、日が沈む直前。

きれいに整地された底。
これでようやく地業ができます。

東側擁壁のための捨てコンクリート。

奥に見える石の十字架のようなものは、
奥の隣地との境界杭です。
擁壁と一体にするので
宙に浮かしたように固定しています。

翌週、配筋が組まれました。

内側の型枠が組まれる前のこのタイミングに
電気の配線や、外部配管、
植栽用の開口を設置していきます。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. 門前仲町の住宅
  2. 中目黒の住宅
  3. 上大崎の住宅
  4. 四谷三丁目の住宅
  5. TOWA CORPORATION
  6. 渋谷の住宅
  7. 下北沢の住宅
  8. 燻製キッチン
  9. 松陰神社の改装
  10. 南品川の住宅
PAGE TOP