鵠沼の住宅 04

着工です。
まず最初に、道路から敷地内に重機が入れるように
法面をユンボで切り崩していくところからスタート。

コンパネを敷いて、中に入れるようにしたら
今度は敷地内から建物の外形に沿って
掘削を始めていきます。

砂。
表層は土なのですが
掘り進めると、砂の層が続いていきます。

ある程度、段差が出来てくると
砂が崩れて来てしまうので
途中から土留めをつくる作業と並行して掘削を進めます。
土留めは、親杭横矢板工法といって
H鋼を杭に、その間に板をはめ込んでつくっていきます。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

建築事例

  1. レガーメ
  2. 志木の住宅
  3. 足立の住宅
  4. 門前仲町の住宅
  5. 富士の住宅
  6. 四谷三丁目の住宅
  7. 尾山台の住宅2
  8. 高輪の改装
  9. 千歳船橋の住宅
  10. 鎌倉の住宅
  11. 燻製キッチン
PAGE TOP