その他のご質問

その他のよくあるご質問についてまとめました。ご参照下さい。

Q 家具等のデザインもして頂けますか?
A もちろんです。造付け家具からダイニングテーブルまで対応しております。
  特に、キッチンは全てフルオーダーで製作しています。

Q 施工業者はどうやって決めるのですか?
A 工事の規模や工法・計画地域を考慮して、2〜3社くらいに見積りを依頼し、それを元に決めるのが一般的です。しかし、中には工事別に分離発注を行う場合や、信頼できる業者ということで1社を選んで見積りをとるという場合などもあります。

Q 敷地調査費用について教えて下さい。
A 敷地の地積測量図・用途地域・建ぺい率・容積率や各種制限の有無などに関わる費用です。
  正確な測量図をお持ちであれば、敷地調査費用はかかりません。

Q 地盤調査費用について教えて下さい。
A 地盤調査は、戸建住宅ではスウェーデン式サウンディング試験と言い、土地表層部の地耐力を調べる検査が一般的に行われています。計画内容等によっては、ボーリング試験等が必要な場合もあります。

Q デザイン性の高い建物が多いのですが、構造的に安全ですか?
A はい、もちろん安全です。構造的に安全性の高く、耐震性も十二分に確保されている安心な建物を提供しています。木造を含む、総ての新築計画で構造家とコラボレーションして設計を行い、確認申請で求められなくとも構造計算を行って安全性を確保しています。また、監理業務の中では、何度も現場で厳しい検査を行い、問題が有れば必ず是正することで、構造面の安全性を担保しています。

Q 標準仕様などは、ありますか?
A 標準仕様をつくっておりません。客様によってこだわるポイントが違います。例えば、何よりもキッチンをこだわりたいと思う人の55万円の仕様と、床材にこだわりたいと思われている人の55万円の仕様は、標準仕様では対応ができないからです。私達はお客様のご予算の中でこだわるところをこだわり、そのかわりに、こだわらないところはコストを削るという作業をしております。そのため、標準仕様はありませんが、コストを抑えた家づくりができるのです。

Q 長期優良住宅も対応してもらえますか?
A 対応可能です。但し、一般的には間取りや開口部等に制限が多少出てきます。優先順位の問題ですが、間取りの違いをご説明してお客様に判断して頂くことになります。申請手数料は、別途必要です。